ごあいさつ

弊社は昭和26年に創業し、当時の屋根材として最も適応した厚型スレート(プレスセメント瓦)を製造・販売・施工を行ってまいりました。
時代背景とともに総合屋根材工事業の割合も多くなり、現在に至っております。

私のスローガンとしては「人と人の繋がりを大切に」をモットーに会社経営に従事しております。
「人と人」が繋がることは、新しい価値を生み出すと思っております。ソーシャルネットワークのつながりは新たなビジネスを生み出していき、地域のコミュニティはシェア(紹介)により共生としての繋がりを感じます。

私たちはお客様との出会いはすべて「生涯の宝」だと思います。人生において「何をするか」も大切ではありますが「誰とするか」の方が重要ではないのかと思います。

お客様より「山城産業」に頼んで良かったと言っていただける事。それを最大のゴールと位置づけ、これからも私たちは、お客様との生涯にわたる末長いお付き合いのために、最高の技術をお客様へ提供出来るように日々勉強・教育を行い、伝統技術に加えた最新技術を取り入れ努力して参りたいと思います。

山城産業株式会社
代表取締役 城門大治

会社概要

社名 山城産業株式会社
所在地 本社/熊本県玉名郡南関町関町119
TEL-0968-53-1162
FAX-0968-53-1165
営業所/熊本県菊池郡菊陽町大字辛川651
TEL-096-232-7017
FAX-096-232-6979
資本金 1,200万円
創業 昭和26年4月
会社役員 代表取締役社長/城門大治
従業員 32名
業務内容 セメント瓦製造、卸、販売、施行
各種瓦(石州、淡路、三州、四国、コロニアル)販売、施工
各種屋根材販売
建設業許可 知事 第4207号 屋根工事業
年商 3億円
年間着工数 約400棟
主要取引先 株式会社丸惣
株式会社鶴弥
栄四郎瓦株式会社
昭和窯業株式会社
シノゲン瓦工業株式会社
株式会社平島
大和スレート
株式会社
ケイミュー株式会社
取引銀行 熊本ファミリー銀行南関支店、肥後銀行南関支店

沿革

昭和26年4月 初代『山城屋』を設立。資本金100万円、従業員8名
昭和32年4月 屋号を『山城産業株式会杜』と改名、資本金300万円
昭和37年4月 油圧プレス製造機4台を購入し厚型スレートの製造を始める。
昭和39年8月 資本金360万円に増資する。従業員56名
昭和41年12月 厚型スレート和型1種JIS表示工場となる。
昭和45年5月 S型(34枚版)製造を始める。従業員75名
昭和50年11月 資本金1200万昭に増資する。
昭和51年6月 熊本市長嶺に熊本営業所を開設する。
昭和52年6月 新工場完成。月産製造枚数60万枚、月産焼付塗装枚数53万枚、従業員112名
昭和57年1月 新杜屋(事務所、養生施設)完成。
昭和59年9月 焼付塗装にシリコン塗料を採用する。
昭和62年1月 洋風瓦ユー口ベスト(30枚版)製造開始する。
元年年7月 陶器瓦、粘土瓦の施工を姶める。
平成6年11月 平板瓦セラルーフ(40枚版)製造開始する。
平成10年11月 破砕施設を完備する。
本社敷地 8,621.32㎡
営業所敷地 1,510.00㎡
工場建物 2,970.77㎡
事務所 80.00㎡
意匠登録 ●棟平のし瓦 ●雨切のし瓦 ●角平のし瓦 ●上りのし瓦